banner-titleリサイズ.png
  • bannerFB-purple
  • bannerTwitter-blue
bannerFourHeroines-03.png


映画『不完全世界』Official Web Site
 

監督:古本 恭一 齋藤 新
出演:新宮明日香 水津 亜子 川相真紀子
きた Sufa 小林 康雄 まつい 綾 
近藤 三郎 レイミンク 高石 舞 太三 黒岩よし
長谷川公彦 古本 恭一 吉村 実子
撮影:三本木久城 齋藤さやか
脚本:水津 亜子 日本語字幕:牧田めぐみ 

製作:古本ダクト
(2019年/日本/142分/日本語・英語)

ロゴkomotodact-brown.png
不完全世界
banner-awards8.png
banner私たちは生きるこの不完全な世界で300.png
 
banner-trailer.png
シェアハウスで暮らす20代の女たち。
ミドリ・シホ・アイリ。
ある日シホが不倫の末に妊娠する。
思い悩むシホに女優のミドリが言い出したのは、思いもよらない大胆な計画だったー
不倫相手の急死、その妻の元アイドル、311の津波で被災した男、死を前にした老女優とその娘。
出逢うはずのなかった様々な人間の運命を巻き込んで、事態は予想もつかなかった方向へ転がって行くー
 
banner-awards.png
banner-laurel-SIFF-brown72.png
スイス国際映画祭
最優秀外国映画賞
不完全世界,アテネ国際デジタルフィルム映画祭
アテネ国際デジタルフィルム映画祭
ファイナリスト
banner-laurel-Constanta-brown72.png
Constanta  International Film Festival
コンスタンツァ国際映画祭 
入選
banner-laurel-Eurasia-brown72.png
Eurasia International monthly film festival
Best Feature Film
ユーラシア国際月間映画祭
最優秀長編映画
banner-laurel-Kosice-brown72.png
Kosice  International Monthly Film Festival
Honorable Mention Feature Film
コシツェ国際月間映画祭 
長編映画部門 佳作
banner-laurel-Vesuvius-brown72.png
ベスビウス国際月間映画祭 
長編映画部門 入選
banner-laurel-Toronto-brown72.png
Toronto International
Women Film Festival
トロント国際女性映画祭(月間) 
入選
banner-laurel-Lisbon-brown.png
New Cinema Lisbon Monthly Film Festival

ニューシネマ・リスボン月間映画祭

ファイナリスト

 
banner-theater.png

2020/8/8~8/14

池袋シネマ・ロサ

banner-more100px.png
​終了

2020/2/15

先行上映 神奈川公会堂

banner-more100px.png
​終了

2019/9/23

新星劇場  第22回小津安二郎記念・蓼科高原映画祭招待上映

banner-more100px.png
​終了
 
banner-cast.png
新宮明日香

​​新宮明日香 Asuka Shingu

banner-more70×25.png

水津亜子 Aco Suizu

水津亜子
banner-more70×25.png
川相真紀子

​川相真紀子​ Makiko Kawaï

banner-more70×25.png
Sufa

Sufa

banner-more70×25.png
近藤三郎

近藤三郎 Saburau Kondo

banner-more70×25.png
きた

きた Kita

banner-more70×25.png
小林康雄

小林康雄 Yasuo Kobayashi

banner-more70×25.png

小林美優 Miyuu Kobayashi

小林美優
banner-more70×25.png

レイミンク leymink

10leymink200915-30.jpg
banner-more70×25.png
まつい綾

まつい綾 Aya Matsui

banner-more70×25.png
高石舞

高石舞 Mai Takaishi

banner-more70×25.png
黒岩よし

黒岩よし Yoshi Kuroiwa

banner-more70×25.png
13yamamoto-165.jpg

山元文雄 Fumio Yamamoto

banner-more70×25.png
14taizo-goutou-117.jpg

太三 Taizo

banner-more70×25.png
15motohiro-143.jpg

渡邉素弘 Motohiro Watanabe

banner-more70×25.png
16hasegawa.jpg

長谷川公彦​ Kimihiko Hasegawa

banner-more70×25.png
古本恭一

古本恭一 Kyoichi Komoto

吉村実子 Jitsuko Yoshimura

吉村実子
banner-more70×25.png
 
banner-staff.png
00監督1-古本180103fujiyama-a0038.jpg

古本恭一 Kyoichi Komoto

監督 壱話・参話
banner-more70×25.png
齋藤新

齋藤新 Shin Saito​

監督 弐話
banner-more70×25.png
三本木久城

三木本久城 Hisaki Sanbongi​

撮影監督 
壱話・参話
banner-more70×25.png
齋藤さやか

齋藤さやか Sayaka Saito​

撮影監督 弐話
banner-more70×25.png

音楽監督

野口真紀

Maki Noguchi

banner-more70×25.png

振付

Chie Norieda

(舞踊団Baliasi主宰)

banner-more70×25.png

​作曲

Lyuta Ito

(Lasp Inc.)

​挿入歌作曲

広川典男

Norio Hirokawa

banner-more70×25.png

​英語字幕

牧田めぐみ

Megumi Makita

​脚本

水津亜子

Aco Suizu

製作
ロゴkomotodact-brown.png
 
banner-comment-06.png

今関あきよし(映画監督)

夕暮れに、ゆっくりと、ページをめくって読む一冊の本のような、めくるたびに世界が広がってゆく、心地良き時間。

古本監督のイマドキで言えば、ウザったいほどの人間好きが映画全体を覆っていて嬉しい。
齋藤新監督とのオムニバス形式ながら鑑賞後の味わいは明らかに古本監督のテイスト。

音楽も素敵だった。
劇中劇のモノクロ世界も素敵だった。

何よりも「古本組」の結束力、映画愛に満ち満ちていて、嫉妬してしまうほど、羨ましい映画仲間達。
素敵な時間をありがとうございました。

最後に、
「きんぴら入りのピタパン」が、物凄く食べたい!

川口敦子(映画評論家)

群像劇を究めたアルトマンは、ひとつでは見えない何かが複数の物語を紡ぐことで見えてくると述懐した。

古本・齋藤両監督の映画を前にして実は、なぜオムニバスと最初は訝しく感じたけれど、3つの物語を撚り合わせゆっくりと母性という物語を浮上させる様にいつしか抵抗感が遠のいた。

いっぽうでJ・クロフォードと娘を描いた映画の記憶もうっすらと想起させる第参話はじっくり単独で描いてみて欲しい気もした。

娘役川相真紀子のくぐもった存在感の演じ方、もっと見たいと思った。

(『キネマ旬報』2020年8月下旬号 星取評より)

佐野亨(ライター・編集者)

この映画には想定が裏切られることをおそれない、むしろ待望しているかのような自由さがある。そうすると不思議なもので、シチュエーションや対話の成立/不成立がおのずと豊かな映画の時間を刻み始める。

三部構成だが、古本恭一監督の一・三部と齋藤新監督の二部が互いに世界の不完全さ、それをめぐって右往左往する人間たちの群像劇として呼応し合う形になっており、ラストには奇妙な安堵感が残る。

(『キネマ旬報』2020年8月下旬号 星取評より)

福間健二(詩人・映画監督・映画評論家)

三部構成。なんと本作脚本の水津亜子演じる元アイドルの千波が活躍する二部に入り、活気が出た。千波は、突然死んだ夫の不倫相手で妊娠している女性の身がわり役に会って、声が出なくなる。夫の残したものは放棄し、筆談で挑む就活の末に、車で売るピタパン屋に強引に就職するのだが、やることすべてに明快さと意外性がある。一部と三部の古本監督がピタパン屋でもある。

二部は齋藤監督だが、「手触り」にチームとしての気合いを感じた。

三部の、自身に近い役の吉村実子、偉い。

(『キネマ旬報』2020年8月下旬号 星取評より)

いしかわ彰(脚本家)

池袋のシネマ・ロサで「不完全世界」を鑑賞しました。
ピタパン屋が登場したあたりからグッと物語に引き込まれまして。
印象的なシーンがいくつかあり、帰りの電車の中でそれらを思い返しながら余韻に浸りました。
地元駅に着くまで、ずっとこの映画のことを考えていたなあ。
そりゃ人生いろいろあるけども、それでも人は生きていくわけです。
前を向いたヒロインたちに、そう、背中を押された気がしました。
じんわり心に残るいい映画でした。

(順不同・敬称略)
banner-tg150dpi.png

Copyright Ⓒ 2019  komotod'act